日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2018年06月11日 月曜日 [長年日記] Edit

_ 内田百閒「阿房列車」の魅力にはまる

久しぶりに明るいうちに帰宅できて、ゆったりした宵の口を過ごしている。長期放置中のブログだけど、今日はなにか無性に書きたくなった。といってもなんにもネタらしいネタはない。しかたがないので、超個人的な文章を書いてみる。読む人も絶えて少ない個人サイトの上だから、だれに咎められることでもない。まぁいいだろう。

内田百閒の「阿房列車」の三冊、一番の愛読書だ。高校時代に宮脇俊三から入った鉄道紀行文学志向は、彼が師と仰ぐ内田百閒の「阿房列車」讃にすぐには反応できなかった。大学を出て新潟で始めた教員生活、一人暮らしの休日の徒然に書店で見かけた文庫をなにげなく買って帰り、たちまち引き込まれることになった。

百間氏の文章の巧みさは今更自分ごときが語るべきものでもない。鉄道趣味関係の文章というと、自分のようなマニア気質の素人が書くと本当にどうしようもない。饒舌で情報過多、冗長で独りよがり、上品さのかけらもない嫌味な文章になることが多い。その対極にあるのが内田百閒氏の「阿房列車」だ。何度読み返しても、淡々と濁りなく、くだらないけれど上品極まる、そうかといって難解なものでもない、凄い文章だ。名文家の文章とは凄いものだとしみじみ思う。

そんな名文を夜更けにつらつら読んでいると、自分の鉄道好きはどこから来たのだろうと考えることがよくある。それは物心ついた頃に遡る気がする。

_ 超個人的鉄道懐古の段

父親の転勤で1歳から7歳の夏(小1の夏休み前)まで横浜に住んでいた。その頃、一度か二度ほど、父親に連れられて---おそらく出張のついでだったのだろうけど---二人列車で祖母が住む石川の実家に帰った覚えがある。

一番古い記憶は、まだ幼稚園に入ったばかりの頃だと思う。冬か初春の夕暮れ、混雑する国電に乗せられ大きな駅に連れていかれた。そこで静かに停車している青くて長い列車に乗ったことを思い出す。今思うと上野駅だったのだろう。

列車に乗り込むと、進行方向に平行に並んだ大きな寝台車両だった。その上段に登り、ふかふかしたベッドに驚き、そして脇についた楕円形の小窓のシェードを開け、わくわくしてホームを眺めたことを覚えている。初めての夜行列車体験だったわけだ。

翌朝には雪の降るホーム(金沢駅か)に降り立った覚えがあるから、おそらくは上越線か信越線周りの客車急行「越前」か「能登」号、あるいは寝台特急になる前の「北陸」号のA寝台に乗ったのだろうと思う。

その時はただ非日常の体験が嬉しくてしかたがなかっただけだったが、それを今でも覚えているところをみると、今に続く鉄道志向は、このとき幼心に刻みつけられたものに違いない。

次の記憶は、雪の朝の松任駅のホーム。祖母が見送ってくれている風景だ。婆ちゃんっ子だった自分は、横浜に帰らなくてはならないのがひどくさみしかった。泣きこそしなかったけれど、ホームの向こうに立つ祖母の姿がとても小さく見えたなぁ。

それと同じ時だったのかはすでに記憶が定かでないのだけれど、帰りの特急電車の食堂車で昼食をとったこと、大きな窓からは大カーブを曲がる長い列車の姿が見えたこと、周りは晴れた緑の山中だったこと(どうも同じ冬の記憶ではない気がしてならないのだけど…信越線か上越線を走る特急「白山」や「はくたか」に乗ったのかな…)も切れ切れながら忘れられない記憶だ。

こう書いてくると、当時の父親からして相当の鉄道好きだったのだと思う。本人は今に至るもそうだとは言わない。けれど、幼稚園児の息子をわざわざ出張の連れにして汽車旅(しかも夜行列車で)に連れて行ったりするはずがない。単に祖母に孫を見せるだけの目的ではなかったはずだ。

そして、同じ頃と思うけれど、まだろくに扱えるはずもないHOゲージの高価な鉄道模型を、休日のデパートで「買ってくれた」こともある。若かった当時の父親にはそれ相応の出費だったに違いないし、休日はいっしょに長時間お座敷レイアウトを「父親が」楽しんでいたし。

三つ子の魂百まで。おかげで彼の息子は、五十を過ぎた今もこんな超個人的鉄道ノスタルジーを書きなぐる次第となってしまった。

もはやあの頃の懐かしい鉄道の風景はほとんど残っていない。そして間もなく、北陸新幹線と交代するように「北陸本線」もその名を消す。月並みだけれど、時の過ぎるのはあまりにも早いなぁ。あの頃のような鉄道旅行が今一度再現できるならどんなにか…、叶わぬ夢に過ぎないのだけれど。


2018年04月15日 日曜日 [長年日記] Edit

_ なにがなにやら…

新任校での未経験の職務に翻弄された2週間。ありきたりながら個人的には疾風怒濤の日々。ようやく今週は「予定がないのが私の予定です」とうそぶくことができる週末になっている。ホントは業務山積なんだけど、それはまた来週のお話。

残念なのは今ひとつのお天気。先週末は時ならぬ名残り雪・冷え込みと強風で桜は碌々愛でる間もなく散ってしまったし、今週末も土曜の強風、日曜の雨。うららかな春をのんびりバイクで楽しめるのはもう少し先なのかな。

それでも昨日はお昼前にスクーターで新装なった野々市図書館カレイドに出かけて貸出カード作ったり、探していたサピエンス全史の上巻をタイミングよく借り出すことができたりと、久々に休日を楽しめた。

この図書館、運営が民間委託ということで、どんなものか興味津々だったので、初訪問は楽しかった。蔵書はさすがに多いとはいえないけれど、施設やサービスはなかなかユニークなものが感じられて好感触。公共図書館として大切なことを末永く継続してくれればと思う。

さて、今日は午後から日帰りの温泉でも行ってくることにしようかな。


2018年03月31日 土曜日 [長年日記] Edit

_ 三月最終日

松陽小での最終勤務日の昨日でも残務終わらず。

本日は早暁より家族(有料作業(泣))を引き連れて少人数算数教室の片付けを依頼。3人で黙々と作業。やはり仕事は人数であって、ずいぶん捗って有難かった。嫁さんと娘に3時間作業分のアルバイト料を即金で支払って、先に荷物を自宅配送がてら帰ってもらう。

その他、職員室で残務整理。新年度の時間割の大枠作成はすでに完了。新年度の教育課程(指導計画)の移行措置対応版を2冊の冊子にまとめる作業が残っていたので、それも片付ける。その後、PC内の教務関連ファイルをサーバにフォルダを切り直して整理。

これにて松陽小での全仕事が終了。

職員室で新年度準備をしている新教務さんと事務さんにお暇をして、徒歩でJR笠間駅へ。電車の窓からわずかに見える松陽小の校舎、とても寂しくなってしまった。4年間、いろいろあったけれど充実した日々だったんだな。

金沢駅には小松での事故のために随分遅延して到着。送別会の日から駐輪場に置きっぱなしだったスクーターを回収して、のんびり帰宅。道中に見える桜はすでに咲きだしている。心ざわめく春、別れの春は今日でおしまい。明日からは出会いの春なんだな。明日は新年度の準備のために、新任地で仕事してこなきゃ…だ。


2018年03月04日 日曜日 [長年日記] Edit

_ もういいかなぁ

今日の最高気温予想は18度。一気に春がやってきた。もうクルマのスタッドレスタイヤを夏タイヤに履き替えてもいいのかも。


2018年02月25日 日曜日 [長年日記] Edit

_ クルマとバイクを春に向けて整備中

ロードスター → オイル交換。室内の清掃。

KLE250 → オイル交換と洗車・ワックスがけ、注油。

ジョグ → 給油・洗車とワックスがけ。トップケースのベース取り付け。

いよいよ春が近いので、雪に埋もれて可哀想な目にあっていたクルマとバイクの手入れをじわじわ進めていくことにする。

今年の冬はホントに厳しかった。でもそれももう終わり間近。

心ざわめく春はすぐそこだ。


2018年02月23日 金曜日 [長年日記] Edit

_ 職場の野郎会

今の職場では野郎会(男性の有志同僚での飲み会)はこれまでなかったのだけれど、それも寂しい話なので今年度からは自分から声をかけて飲む機会を設けることにした。…

(続きは後に書きます)


2018年02月22日 木曜日 [長年日記] Edit 22:00現在 0℃

_ 若年層に対するプログラミング教育の普及推進事業成果発表会

本日午後に金沢市の商工会議所で表題の発表会に出張として参加させてもらった。

(後に詳述)


2018年02月16日 金曜日 [長年日記] Edit

_ プログラミング教育の入り口 ~5年「正多角形と円」のプログラミング教育研究授業の試行~

少人数算数を担当して3年目になる。今年の校内研究での担当授業は5年生ということで、ここまで日延べしてきたのは、ぜひプログラミングを授業に取り入れてみたかったから。いわゆるプログラミング教育をやってみようというわけだ。

東京書籍の5年生3学期単元「正多角形と円」にて、正多角形の作図プログラムをペア学習で行った。

使ったツールはturtlesというもの。初等教育でのコンピュータ教育の黎明期によく使われたLOGOタートルグラフィックスをごく簡易にGUIで扱えるようにしたもの。UIはブロック化された命令モジュールをドラッグ・アンド・ドロップで組み立てるだけ。このへんの操作感は有名なスクラッチを手本にしているだけあって実にかんたんだ。定数の入力もタッチで出現するテンキーで済むし、繰り返しや変数による条件分岐もできる。

要するにごく基本的なスクリプトによるCGの制御がお手軽にできるようになっているツールだ。

授業の主要な流れは以下。

・正八角形を折り紙で作る操作活動から入る。

・正多角形の定義をおさえる。(辺の相等、内角の相等、中心角の相等、中心から頂点までの長さの相等)

・正八角形の描画をアルゴリズムで表現できるかを考える。

・turtlesの操作方法を教える。

・ペアに1台のタブレットPCを配布、プログラム試行錯誤体験。

・正六角形や正五角形の作図のためのアルゴリズム改変を試させる。

・長方形やひし形などは、正多角形の作図アルゴリズムのパラメータ変更だけでは対応できないことを確かめる。

・おまけとして、星型の作図にチャレンジ。

少々盛りだくさんにしてしまったため、ペアによっては最後までたどり着かなかったのが反省点。しかし、思った以上に子どもたちはさっさとツールに慣れて使いこなしたので驚いた。デジタルネイティブですな。

授業の事後検討での指摘は以下。

・児童の食いつき・意欲の高さはすごい。

・そして想像以上にICTツールへの児童の馴染みが速いこと。

・このプログラム作成活動、本時の扱いでは「導入」だったけれど、一通りの正多角形の学習を追えた後に純粋な作図アルゴリズムの探求的な活動にすればさらに「対話的で深い学び」になる可能性があったのではないか…

最後の指摘については、まったく自分でもそう感じた。これについては、もう一つの担当クラスで次週に検証授業をしてみることにする。楽しみだ。

準備は少々大変だったけれど、新しいことを試してみるってワクワクしますな。子どもたちだってそうなんだなとあらためて感じた。

教室でタブレットPCをタブレットPCらしく使ってみたのも、実は今回が実質的に初めてだった。

やはりやってみないとわからないことがたくさんあったし、今回の試行でささやかながらノウハウが自分の中に残ったと思う。

プログラミング教育、やはりなかなかハードルは高い。ツールの選定や、デバイスの準備とスムーズな運用も日常授業にはノウハウの蓄積が必要なのは、すべてのICT機器に通底する。それは情報教育では既知のことだ。けれど、日常の授業の中でできることを少しずつ試して取り入れてみたいと思った。

だって楽しいからね!


2018年02月15日 木曜日 [長年日記] Edit 20:00現在 2℃

_ 週末を前に…立春を実感できる日々

先週の大雪から明けての今週は火曜日午後以降、少しずつ日常生活が戻ってきている。日に日に雪の山はその高さを減じているのがはっきりとわかる。

この大雪で、自宅のまわりは雪の吹き溜まりになるらしいことが、家を買って11年目にして初めてわかった。それだけ、これまでの冬は大した降りがなかったということだろうし、今度の雪がよほどの豪雪だったということでもあるのだろう。

そして、それにしても…この二日で随分と雪は減った。この嬉しい気持ち、雪国の人間であることを久しぶりに自覚し直した。新潟の妙高に住んでいた若い頃は、春が近づく嬉しさをこんなふうに噛み締めていたんだよなぁ。しみじみと思い出した。

今日なぞは、日中春の陽射しがまぶしく感じられて、なんとも言えない開放感を味わえた有難い一日だった。天気予報を見るたび心配をする日々は、精神的にすごく堪えていたんだな。もう当面は雪の心配をしなくていい。それだけで嬉しい。

もうこれで雪はたくさんだ。このまま春が来て欲しいなぁ。


2018年02月11日 日曜日 [長年日記] Edit 20:00現在 2℃

_ 平成30年豪雪と呼ぶべきか… ついでに風邪でダウン

1月中旬の大雪は一週間持たずに消えてくれたが、今度の雪は違った。2月5日の月曜日の午後から振り始めた雪、北陸西部に異常な雪雲という予報を聞きながらも、まさかそんな…と油断していた。

その前の二日間の休みは風邪をひいてまったくのダウン。ようやく起き上がれるようになったのが日曜の夕方で、月曜日は「傷病兵扱い」を志願しての勤務だったのだけど…

火曜の朝5時前、起き出して窓の外を見て言葉を失う。豪雪再び…だった。

慌てて身支度して玄関を出たら、もうクルマは絶対に動かせないと思った。軽く40センチ以上の新雪。嫁さんと二人で雪かきするも、融雪装置のついた道までの100メートルはどう見ても無理だ。

いったん家に入り、公共交通期間の運行状況をウェブで調べてみた。北陸本線はこの時点で運休。最寄りに四十万駅がある北陸鉄道の石川線も止まっている。となると、残るは北陸鉄道のバスしかない。

大学の試験があるからどうしてもいかなくちゃ…という娘と相前後して家を出て南四十万のバス停に向かったのが6時過ぎ。しかしいくら待てどもバスは来ない。娘に電話すると、県道有松四十万線の四十万停留所に向かった娘は金沢駅行きのバスがようやく来たとのことだった。この時点で7時を過ぎている。

学校に電話を入れると松任在住の若手の一人が出てくれて、本日休校と知らせてくれる。この時点で出勤をあきらめた。その旨伝えて休暇を取る。

その後、香林坊まで出て大学行きのバスに乗り換えることができた娘も、結局全学休講の学務メールがようやくとどいて、連絡遅すぎると怒りつつ、午前中いっぱいを使ってまたバスで帰宅してきた。

午前中は雪かきしていたら終わってしまう。昼飯食べてたら頭痛がしだして、午後は再び寝込む。翌日の心配をしながら寝ていてもちっとも休まらないのだけど。

その夜遅くに家の前の道に除雪車が入って、なんとかクルマを出せる状態になった。黄色の回転灯の光と、くぐもったディーゼルエンジンの音を聴きながら就寝。

結局翌水曜日も休校。6時にクルマを出して8時すぎに登庁。雪かき・会議・雪かき。夕刻1時間の帰宅ドライブは幸運なほうだったのだろう。木曜日は通学バスが出せず。半数以下の出席児童となんとか授業を5限まで実施。集団下校の引率。会議。自宅がご近所の栄養士さんはまったくクルマを出せないとのことで、お送りしてから帰宅。

ここまで日中もほぼ氷点下の状態だったが、雪がゆるむだろう翌日の出勤が心配だ。幹線道は動いているが、自宅前の圧雪が溶け出すと再びクルマが出せなくなる可能性が高い。幹線道沿いのホテルに泊まって出勤難民を避けようと考えた。しかし、同じことをみな考えるらしく、松任駅周辺はすべて満室。金沢駅か小松駅近辺しか空室のあるホテルはない。結局あきらめた。雪は小康状態に入っていたので、明朝の幸運を祈って就寝。

結局金曜日は雪も降らず、青空の一日となった。有難いことに久しぶりの通常日課(6限のみカットの集団下校措置)で夕刻無事退勤。

三連休は、自宅の雪かき、食料確保の買い出し、そして休息。

来週も前半は大雪の予報…。

さほどのことにならねばよいのだけれど…祈るのみである。