日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2019年02月10日 日曜日 [長年日記]

_ プログラミング教育に今思うこと

今年は、「飛び込み授業」の形で5年生の4時間ほどを受け持たせていただいて、プログラミング学習「正多角形」を実践させてもらった。昨年度の松陽小での実践の焼き直しなので、負荷も少ない。ミニ授業公開として、校内の先生方にも見てもらい、その後、ミニ研修としてプログラミング教育の座学も開かせてもらった。

それはいいのだけれど、気になって仕方がないことがある。

教科の文脈の中で実施というのが小学校のプログラミング教育の前提なのだけれど、「プログラミング教育の手引き(第2版)」を読んだり、教科調査官のコメントを読んだりしても、なかなか教科の枠組みをうまく活用したプログラミング学習の事例としてしっくり来るものが少ないことだ。

「正多角形」は今の所「稀有」な事例として納得がいく。順序性・繰り返しの容易さ・パラメータの調整の試行錯誤など、プログラミング学習の要素と、教科としての学びのシンクロがきちんとある。

しかし、国語科や理科・社会科・その他の教科で単元の文脈、時数の制約、アルゴリズムで考えることのメリット・・・などがうまくシンクロするような実践ってどうだろうか。今の教科書の内容の中で「教科のプロ」がしっくりくるのような実践って、相当に難しいというのが今の所の個人的な感想。新指導要領にしても、「例示」が少なすぎると思う。

2年後からの新教科書は、「プログラミング学習」に対応する作りや内容が盛り込まれているのだろうか?ここはまだ勉強不足なので、これから調べてみたいと思う。

新教科書で、ちゃんとプログラミング学習の「埋め込み」をやっとかないと、2020年度は難しいことになりそうな予感・・・がする。それが外れてくれればいいのだけれど。

現場に任されて実践が次々出てきても、それが「趣旨とは違う」などと次々批判されるような事態は避けたいなぁ。各学年に1本は「これやっとけば間違いない」というような「教科の中のプログラミング学習」のパッケージがないと、初期の立ち上げはうまくいかないんじゃないかなぁ…