日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2018年12月31日 月曜日 [長年日記]

_ 今年を振り返って

1月

前年秋から1月中旬まで「お勉強」の変な緊張感。初旬の大雪に驚かされた。が…そんなもんでは済まされなかったのがこの冬…

2月

前月を上回る記録的な大雪。地獄の2週間だった。

3月

ようやく春の気配。別れの春になった。4年勤めた松陽小は去り難かった。少人数算数と教務主任の日々は、今思うと子どもたちと授業が楽しくできる至福の日々だったのだなと思う。でも、いろいろと潮時だったのだろう。

4月

河内小に教頭として着任。慣れない仕事、雑務の集積に翻弄される日々。主義として「しない」と決めていた休日勤務も、数日せざるを得ない状況で、そのことが精神的に辛かった。上司である校長や前任の教頭先生、職場の先生方に助けてもらった日々。

5月

中旬に校内の年度初め業務が一段落した。同じく中旬にあった初任教頭研修では、同じ立場の皆さんの奮闘を聞けて安心したり励まされたり。気候も安定して、手取川扇状地の扇頂にある勤務校周辺の自然の美しさを楽しむ気持ちも出てきた。昨年度から復帰した単車での通勤が増えたのはこの頃から。

6月

1学期の仕事のヤマをいつの間にか越えていた感じ。少し余裕が出てきて、残業時間も少しずつ減らすことができるように。

7月

1学期が終わった開放感。夏季休業開始で溜まっていた仕事が片付くに連れて、新しいことをする気持ちが出てきた。

8月

ICTサポータさんと協力して学校のサイトをリニューアルしてCMSを導入できた。10月頃までは初期の立ち上げとして毎日更新を継続できた。

9月

運動会など秋の行事が次々。教頭としてはバス手配など渉外の業務に落ちがないように気を遣う…のだけれど、時々「ややっ!」と冷や汗も。

10月

校内行事、PTA行事、地域行事、学校訪問、指定事業、調べ学習コンクールの表彰式プレゼンター、某監査(晴天の霹靂!)とがまとめてやってきた!胸突き八丁の日々。しんどかった…

11月

初旬に10月からの秋の怒涛の業務ラッシュが終わる。ぽっかり気持ちに穴が空いた感じ。月の残業が初めて80時間を切った。

12月

楽しみにしていた「調べる学習コンクール・全国3次審査会」の審査員として4年ぶりの東京へ3泊。審査も興味深かったし、プライベートタイムに訪れた神田古書店街・秋葉原電気街等々はさらに楽しかった。3日間のホテルぐらしで、いろいろ来し方行く末を考えたり。

というわけで、2018年は年明けから記憶に残るイベント続きの日々だったように思います。来年はもう少し平穏でありますように…

このサイトを気長に見続けてくださっている皆様、どうぞ良いお年を。