日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2018年02月11日 日曜日 [長年日記] 20:00現在 2℃

_ 平成30年豪雪と呼ぶべきか… ついでに風邪でダウン

1月中旬の大雪は一週間持たずに消えてくれたが、今度の雪は違った。2月5日の月曜日の午後から振り始めた雪、北陸西部に異常な雪雲という予報を聞きながらも、まさかそんな…と油断していた。

その前の二日間の休みは風邪をひいてまったくのダウン。ようやく起き上がれるようになったのが日曜の夕方で、月曜日は「傷病兵扱い」を志願しての勤務だったのだけど…

火曜の朝5時前、起き出して窓の外を見て言葉を失う。豪雪再び…だった。

慌てて身支度して玄関を出たら、もうクルマは絶対に動かせないと思った。軽く40センチ以上の新雪。嫁さんと二人で雪かきするも、融雪装置のついた道までの100メートルはどう見ても無理だ。

いったん家に入り、公共交通期間の運行状況をウェブで調べてみた。北陸本線はこの時点で運休。最寄りに四十万駅がある北陸鉄道の石川線も止まっている。となると、残るは北陸鉄道のバスしかない。

大学の試験があるからどうしてもいかなくちゃ…という娘と相前後して家を出て南四十万のバス停に向かったのが6時過ぎ。しかしいくら待てどもバスは来ない。娘に電話すると、県道有松四十万線の四十万停留所に向かった娘は金沢駅行きのバスがようやく来たとのことだった。この時点で7時を過ぎている。

学校に電話を入れると松任在住の若手の一人が出てくれて、本日休校と知らせてくれる。この時点で出勤をあきらめた。その旨伝えて休暇を取る。

その後、香林坊まで出て大学行きのバスに乗り換えることができた娘も、結局全学休講の学務メールがようやくとどいて、連絡遅すぎると怒りつつ、午前中いっぱいを使ってまたバスで帰宅してきた。

午前中は雪かきしていたら終わってしまう。昼飯食べてたら頭痛がしだして、午後は再び寝込む。翌日の心配をしながら寝ていてもちっとも休まらないのだけど。

その夜遅くに家の前の道に除雪車が入って、なんとかクルマを出せる状態になった。黄色の回転灯の光と、くぐもったディーゼルエンジンの音を聴きながら就寝。

結局翌水曜日も休校。6時にクルマを出して8時すぎに登庁。雪かき・会議・雪かき。夕刻1時間の帰宅ドライブは幸運なほうだったのだろう。木曜日は通学バスが出せず。半数以下の出席児童となんとか授業を5限まで実施。集団下校の引率。会議。自宅がご近所の栄養士さんはまったくクルマを出せないとのことで、お送りしてから帰宅。

ここまで日中もほぼ氷点下の状態だったが、雪がゆるむだろう翌日の出勤が心配だ。幹線道は動いているが、自宅前の圧雪が溶け出すと再びクルマが出せなくなる可能性が高い。幹線道沿いのホテルに泊まって出勤難民を避けようと考えた。しかし、同じことをみな考えるらしく、松任駅周辺はすべて満室。金沢駅か小松駅近辺しか空室のあるホテルはない。結局あきらめた。雪は小康状態に入っていたので、明朝の幸運を祈って就寝。

結局金曜日は雪も降らず、青空の一日となった。有難いことに久しぶりの通常日課(6限のみカットの集団下校措置)で夕刻無事退勤。

三連休は、自宅の雪かき、食料確保の買い出し、そして休息。

来週も前半は大雪の予報…。

さほどのことにならねばよいのだけれど…祈るのみである。