日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2018年01月12日 金曜日 [長年日記]

_ ひさしぶりの大雪と通勤大冒険

ここ数年は小雪傾向が続いていてすっかり油断していた。木曜日から振り始めた雪が深夜から翌未明にかけて静かに降り続いて、本当に久しぶりのドカ雪になった。

5時に起床、窓の外を見て驚いた。急いで身支度をして玄関のドアを開けるとそこは氷の世界。50センチ近くの積雪、除雪車も入っていないので、前の道を通る車は絶えて無い状態。クルマの前の雪かきをして、ままよ!とロドを道に出してみたが…FR車の悲しさ、すぐに亀の子に。ご近所さんの手も借りてようやく掘り出し、車庫にもういちど入れるまでに1時間以上悪戦苦闘することになってしまった。

そうこうしているうちに、徐々に近所のクルマも動き始めるが、やっぱり道の雪が深すぎて次々スタック。何台も押しているうちに、もう8時近くになってしまった。

この時点で通勤手段としてクルマは家からは無理。すぐ裏を走る北陸鉄道の石川線で西金沢まで出ようか…とネットで調べるも、除雪作業で運休中とのアナウンス。うーん…

もはや他に手段もない。北陸鉄道バスで有松か金沢駅まで行くしか無い。最寄りのバス停(四十万)までラッセルしながら歩いて、幸運にもすぐにやってきた金沢駅行きに乗り込んだ。

チェーンを巻いたバスはゆっくりと走る。運転手席から聞こえるのは緊急無線らしい。バスセンターと各バスのやり取りは緊張感に満ちている。そして市内の大混乱の様子が刻々と。

錦丘高校前では休校になって帰宅するらしい沢山の学生が乗り込んでくる。バス通り沿いの店、会社…みんな総出でスコップ持ってクルマを掘り出したり、玄関先や駐車場の雪かきをしている。雪かきの疲れが出てぼんやりしながら、これは近年にない風景だな…と眺めていた。

そのまま有松まで渋滞進行。とにかく進むほど渋滞がひどくなってきた。このままでは片町まで1時間、駅まで2時間はかかりそう。

「歩いたほうが速いですよ」という運転手さんの言葉に従って有松で降りる。松任駅に行ってJRに乗ろうと考えた。そのまま松任方面のバスを待つが、待てど暮らせどやってこない。30分は待ったと思うがダメだった。仕方がないので、ちょうど通りかかった個人タクシーを拾う。西金沢駅まで行ってみることにしようと思ったのだ。

ドライバーさんの話では、金沢の市街はまったく麻痺状態であるらしい。除雪がまったくされていなくて、融雪装置のある道はともかく、一本裏道に入るとまったく進めなくなる状態らしい。

幸いにも、西金沢駅には渋滞もなくすんなり到着した。駅員さんに列車の運行状況を聞くと、ちょうど遅れていた小松行きがすぐにやってくるとのこと。慌ててホームに降りて、乗り込むことが出来た。

列車は人影もまばら。空いている。外は一面の雪野原だ。粉雪が折からの風に吹かれて渡っていく。雪に吸われて音もなく列車は進んでいく。見とれているうちにあっという間に加賀笠間駅に到着した。駅からえっちらおっちら雪をかき分け歩く。ようやく学校に着いたのは11時過ぎ。まったくやれやれ…だ。

結局、子どもたちも三分の一近くが登校できず。授業も先に進められず、午後は6限カットで職員引率の集団下校措置。その後は夕刻まで同僚総出で雪かき。

帰りは近所の同僚に車で自宅まで送ってもらえた。2時間あまりかかった行きの行程が嘘のように、30分余りで自宅に帰ることができた。クルマってホントにありがたいもんだなぁ…としみじみした。

久しぶりの大雪、石川県は雪国であることを再確認させられた一日だった。もう降るなよな! そして、早く春よ来い!!