日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2015年04月08日 水曜日 [長年日記] 20:00現在 6℃

_ 教務を拝命して一週間

今年度のポジションは、教務主任。冬の終わりに可能性を示唆され、まさかと思っていたら…。現勤務校に異動してきた昨年度は「来年度に北信越図書館大会があるから」との紐付き異動だった。自分もその気になって、2年は研究主任やって大会をなんとかするぞ!と春から夏・秋と準備を進めていた。しかしまさかのどんでん返し。前教務主任がホントに突然の異動。その校内的ストップギャップとして自分が指名されたわけで…

研究主任の仕事に、心残りがこんなにあるとは自分でも思ってもみなかった。3校目となる現勤務校での研究主任業務は、これまでで一番充実していたし、成果もそれなりに上がってきていた実感があった。だから二年目も、その上に何を積み上げようかと、楽しみに…と言っていいのかわからないが、期するものはあったのだ。しかししかし…。離れなくてはならないと覚悟を決めた途端に、自分は研究主任の仕事に愛着があったんだなぁと気付かされた。もう遅いけど。

教務主任は少人数算数担当。必然として今年度は学級担任はできない。4月、新学期が始まる。同僚たちは新学年チームで真剣に、そして楽しげに相談を重ねている。それを見ながら一人時間割を組んだり、予定表を埋めたり、諸々の山積するスモールタスク書類を作成したり…。慣れぬ仕事に一人苦戦しながら過ごすと、時間だけはあっという間に経ってしまう。

今日は外の研修があって、早めに家に帰れた。思わず愚痴のようになってしまったけれど、これを書いたらもうクダクダ言うのはオシマイにする。新研究主任さんのサポートと新米教務主任の仕事、なんとか両立できるように頑張ります。