日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2012年12月10日 月曜日 [長年日記]

_ 小沢昭一氏が逝く

宵の口のニュースで知ってがっくりきた。9月に体調不良で入院されたとのニュースを聴いた時、もしかしたらこの日が近いのかもと予感はしていた。その後のニュースを知らず、しかし夕方のラジオは「傑作選」のままだった。新作での復帰を心待ちにしていたのに…

「小沢昭一的こころ」初めて聴いたのはいつだったろう。初演が1973年というから自分が小学2年生か。さすがにその当時のことは覚えているはずもないのだけれど、深夜ラジオフリークになった中学生の頃、すでにこの夕方の渋い定番番組のファンにもなっていた。当時から落語も好きだったから「明日のこころだぁ!」というフレーズと軽妙な語りには相通ずるものを感じたんだろうな。

大学を出て他県で勤務していた4年間は、夕方の放送をたまにクルマの中で聞けると「まだ変わらずにやってるんだ」と嬉しかった。わざわざ当時発売されていた新潮カセット文庫(だったかな?)を何巻か購入して飽きずにクルマで聴いていたのを思い出す。探したらまだ手元に残っていたので、今夜は古いラジカセ引っ張りだして夜寝る前に聞くことにしよう。

粋で気さくで江戸っ子気質、反骨精神と弱きものへの共感が語り口からひしひしと感じられる大好きな演者がまた一人消えてしまった。本当に寂しい。小沢昭一さん、どうぞ安らかに。