日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2004年04月15日 木曜日 [長年日記]

_

久しぶりに自転車通勤。朝はまだ肌寒いけれど,それが目覚まし代わりになる気がする。小径車のBD-1では20キロ弱ぐらいのスピードが一番心地よいみたいだ。

7時30分過ぎ,到着して締め切り破りをしていた某仕事に取りかかる。過去資料を引っ張り出して入力処理。その後,急いで教材準備(泥縄)。(>_<;

最中に金沢地方教育事務所の指導主事さんからTEL,2月に依頼のあった夏休みの県教育センター研修講座講師の件での連絡。7月に打ち合わせをとのことで,相方の講師はだれか聞くと,なんと渡辺さん@東明小とのこと!驚いたけれど,気心も知れているサークル仲間が相棒とは頼もしいなあ。楽しみになってきた。夕刻までのスケジュール調整を約して,再び学級事務。

社会科,身の回りのお米について考える授業。身近にある米の品種をまず問うと,ほとんど知らないことがわかる。どうやって調べるか問うと,店・家庭での調査,ネット検索が上がる。

それでは!というわけでプロジェクタ投影にて検索エンジンの使い方と検索ワードの区切りかたによる検索結果の変化を簡単に演示した後,このクラス初のPC室授業に移る。20分の時間制限で,お米の品種名とその産地を検索してノートに記録するよう指示。休み時間をはさんで学習グループで成果報告ミニワークショップと全体報告タイムをとる。

調べた「事実」を問うセッションでは,これまで挙手のなかった子どもたちが積極的に発言を求めてきて,全員発言にきわめて近い状況にまでなってきた。プロジェクタで投影した白地図にどんどん書き込む。そこからわかったことを問うと挙手はがっくりと数を減らしてしまうけれど,つぶやきの形で反応は増えてきている。よい徴候と信じたいところだ。焦るな焦るな…>自分。まとめと振り返りを書かせ,家庭での「お米の出自」調査を指示して終了。2限の授業が短く感じられた…かな?

昼休み,Amazonから佐藤学「授業が変わる,学校が変わる」,森口朗「授業の復権」,”Let it be naked(US版)”が届く。今夜ゆっくり見るのが楽しみ。

午後は遠足オリエンテーション,委員会活動オリエンテーションを学年集会にて。6限,今年度の委員会活動スタート。16時前に活動終了して学級事務と学年打ち合わせ。今週の活動を振り返り,子どもたちの姿についての情報交換タイム。貴重な時間だ。だんだん子どもたちの緊張もとれてきて,良い意味でも悪い意味でも互いの「本性」が出てくる時期だなあ。

教務さんに7月の予定を確認,教育事務所に打ち合わせ期日応諾のTEL。18時過ぎに退庁,のんびり自転車をこぎ,コンビニにてJNB口座への入金手続き,18時半過ぎ帰宅。Web日記書き,ケータイカメラ日記CGIの調整,読書。…