日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2003年11月11日 火曜日 [長年日記]

_

ワックスがけの教室復帰作業,半数以上の子どもがいつもよりも早く学校に出てきて,自教室,低学年教室,特別教室の復帰手伝いを自主的にしていた。大いに誉める。その気持ちがなかった子たち,なんだかきまり悪げだったが,その思いをどこで生かすか考えられるかが大事なんだよなあ…ということを話してみる。わかるとできるの間のギャップなんだろうな。続けて午後の就学時健診の補助作業についてオリエンテーション。

社会はテスト前の復習タイムをとる。復習の時のノートの見直し方,教科書や資料集の見直し方を指導。ワークショップ主体で進めた学習,どんな結果になるのか,楽しみなような怖いような…。

短縮日課であわただしい午前の授業を終え,給食。短い昼休みに銀行ATMに走り,リナザウ代金の振り込み。楽しみ。いそいでもどり就学時健診。5年生たちが受付や誘導,検査の補助にまわる。小さな子たちを引き連れていつもよりも頼もしげな顔つきが可笑しい。受付で泣き出す子をなだめたり,列にならばない子を追いかけたり,かなり苦労していた。終わって労をねぎらい,帰宅させる。15時30分から研究推進部会。議件は少なく,6年の授業プラン,自分の研究授業の見通しなど若干の討議。週明けが指導案検討会なので,あと一踏ん張りで仕上げてしまわなくては。

19時過ぎまで雑務をこなし,退庁。