日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2003年12月15日 月曜日 Edit

_

よい天気,8時過ぎ登庁。今週末は通知票渡しなのでいよいよ追い込みモード。算数のまとめ,社会は単元追い込み,国語は聞き取りテスト等々…。5時間の授業があっという間に過ぎる。

放課後はとにかく進まねば…の成績処理モード。19時退庁,若干の買い物,19時半帰宅。

夕食後,ここのところ頭の上にぶら下がったままの浜松セミナーの斬られ役実践発表の内容を検討,沈思黙考…。やはり研究仕立てで実践の進めてこなかったツケは大きい。問題意識とそれに対応したねらいは語れるつもり,手だてもそれに応じて打ってきたつもりだった。しかし,成果を評価する術,それを見定めてこなかったことがネックになってしまっている。つまり具体的な成果としてのデータが決定的に足りないのだなあ…。「実践」絵日記は語れても「研究」にはならない…ことに苦しみそうだ。

呻吟するうちに夜中を回る。あきらめて寝床に入るが,あれこれ思いが巡りなかなか寝付けず。26時就眠。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ こうだい [こんばんは。 一度ツッコミしたいと思ってました。 浜松初参加です。発表聞かせていただくのを楽しみにしています。]

_ Aki [こうだいさん、すごい!私は、初出ですねぇ。次の日は、早速、一日中の講座です!正來さん、頑張って!]

_ masakage [こうだいさん,Akiさん,ありがとうございます。m(__)m とってもプレッシャを感じていますが,実践を見つめ直すチ..]


2004年12月15日 水曜日 Edit

_ 水曜5限授業は…

いつもなら有難い放課後の長さも、ここまで押し詰まってくると”授業をもっとさせて…”と嘆きモードになるばかり。計画性のない自分のペース配分のせいだ。

あとは算数のみだけれど、だからこそスピードを上げて一気に、とはいけない。心はあせりつつも授業のステップは小さく確実に…が難しい。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]

_ mipo [2学期制はらくちん。]

_ masakage [いいですなあ… (泣)]

_ mipo [でも最後の日まで6時間。某市みたいに補助簿とかないのでらくちんだけれど。]

_ masakage [いやいや,うちも最終日5時間授業です。(再泣)]

_ たけちゃん [最終日まで給食あるの?? 24日はさすがに給食ないよ・・・]

_ masakage [これがなんと,あるんですよ。(号泣)]


2005年12月15日 木曜日 Edit

_

朝起きて窓外の風景に仰天。築山での雪遊びたっぷりの積雪。慌てて身支度し,学校へ。案の定,駐車場にもたっぷりの積雪で,さっそく除雪作業に。6年生たちも加勢してくれて朝から大仕事になった。

朝自習が始まっても子どもたちはソワソワ。晴れ間も見えてきたので,1時間目の体育は雪遊びにすることに。校庭の築山からソリで滑り降りる子どもたちの歓声が,学力テスト中の6年生たちにも届いて,後で「うらやましがっていましたよ」と教務さんからコメント,イヤ申し訳なかった…。

その後の休み時間も外に飛び出して雪合戦に興ずる様子が微笑ましかったり。大人たちは一様に浮かぬ顔なので,そのコントラストに苦笑いの職員室だった。午後からは曇ってきてまた雪模様。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ masakage [書き込みテスト]

_ TrackBack [http://badcredithomeequityloanqalxl.blogspot.com/ bad cred..]


2007年12月15日 土曜日 Edit

_ 結婚を祝するスライドショーDVD

我らがボスである中條さんの娘さんがこのたび結婚されるということで,祝宴用のスライドショーDVD制作のお手伝いに,朝から中條家へ。

使ったのは以前に小松の谷口さんに教えてもらったデジカメdeムービーシアター3というソフト。ちょうど最新版が発売されたばかり,前夜にクレジットカード決済のダウンロードで調達,短い試作版をDVDに焼いてみて一通りの作成過程を把握しておいた。

午前中で仕上がるか…という見込みは外れて15時頃まで写真・音楽の選定とタイミング調整,テロップ付けで試行錯誤に没入。無事完了して冷やし中華をごちそうになりながら上映会,その後帰宅。

ストーリーと写真選定は中條さん,テクニカルサポートが自分という,ちょいと前までの定番だった作業は,ちょいと懐かしくさえあった。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ たなぽんとっとり [なんか、いろんな意味でとってもうれしい記事です。]

_ masakage [たなぽんさん,ありがとうございます。]