日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2004年04月30日 金曜日 Edit

_

2限は一年生を迎える会。少し早めに入って最終リハ,いい声が出ていて振る舞いも上等。これなら行ける。本番でもこれまでで一番の出来だった。子どもたち,学年で一番最初の大きなタスクをしっかりこなしてくれた。この会の準備は振る舞いなどの面でいい学びのチャンスでもあったから,その成功は嬉しい。終了後,体育館でミニ反省会,子どもたちを担任団で大いに誉める。

午後は急遽,体育を変更して学年で外遊びに行くことにした。野々市中央公園に出かけて小一時間遊ぶ。

16時前に帰校。18時過ぎまで学級事務,子どもたちのお小遣いアンケートの集計等。

19時帰宅。待ちこがれた連休のスタート前夜,ついつい夜更かし。


2009年04月30日 木曜日 Edit

_ Uchiwa2009学習会 4月例会

7名の参加で勤務校を会場に今年度のキックオフ。多忙を乗り越えてきた4月の月末に優先順位を上げて参加してくれる仲間の存在,本当に有り難いことだと思う。開始前に,中條さんが勤務校の教頭さんに丁寧に会場使用の礼と挨拶をしてくださっていた。いつも管理職お二人とも快くサークル活動への会場提供を認めてくださっていることにも感謝しなければと思う。研究主任の立場で恩返しを少しでもしなければならないな。

例会内容は,各自の今年度の立場と抱負の報告会から。メンバーそれぞれの立場で学校の中で求められている役割は違うけれど,Uchiwaでの学習がその糧となってくれるだろうか,と考えながら聞いた。益無きところに人は集まらないだろう。主催者の一人として,インプットしそれを自分なりにアウトプットできるサイクルを今年は少しずつでも確立したい。

第二セッションは各自の実践相談。泉さん@戸板小は研究主任としての提案授業,5年国語「サクラソウとトラマルハナバチ」の後段の読解授業について。

◎読み取りのモチベーションと情報の取り出しの順序性をどのようにとらえて指導計画を立てるか。

◎8段落のさし絵の役割をどのようにとらえ,本文読解とどう関連づけて授業に落とし込むか。

◎教師が意図する読みのめあて,児童の学びの姿と,それを引き出すための仕掛けや関わりはなにか。それをどのように「主張点」として指導案に記述するか。

以上,三つぐらいの論点でディスカッションが進んだ。「整理できてなくって…」と言いながら,話すうちにどんどん考えがまとまっていく様子の泉さん,流石の勘の良さだと思った。次月,論点となったところが授業ではどうなったか,できればビデオ記録を見せてもらおうということになった。

中條さんからは,提案授業の指導案(授業済み)の記述の仕方についての相談。学校研究テーマとの授業との関連をどのように指導案上に記述するかという点を聞きたいとのことだった。「習得」「活用」それぞれについて記述されている文案が,はたして授業を見る者に的確に伝わるものであるか…,みなさんからは例示が般化されすぎると教材の特性とはかけ離れて抽象的になりすぎるのではないか,ラベルとして列挙された指導ポイントの下に若干の解説を補足すれば良いのではないかとの意見が出た。中條さんもそれに納得してさっと討議にキリをつけた。この割り切りもいいなあ。それにしても,中條さんがプロデュースに一枚かんでいる湊小の研究は向かうべき場所がきわめてクリアでわかりやすく,額小の今年の研究のパイロットとして学ぶところ極めて大きい,というより追試的に追従してしまいそう…。やはり流石だと思った。

最後に各校の研究計画を見合って討議。中野さんから東明小の研究紀要2年分を戴いて大変うれしい。東明小は過去2年にわたってPISA型授業を追究していた。これも「習得と活用」の額小研究には示唆の塊のような冊子だ。熟読して学習させてもらおうと思う。

終了21時40分,らーめんツアーでらーめん世界高尾台店に移動,23時頃まで諸々の情報交換,解散。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ mipo [いつも会場等のお世話ありがとうございます。おかげで月一度みんなで気兼ねなく会ができます。きちんと題材を見ながらの指導..]

_ masakage [Uchiwaのみなさんとmipo姫の助けなしには一歩も動けない気がしています。よろしくお願いします。m(__)m]


2014年04月30日 水曜日 Edit

_ 飛び石連休の谷間、4月の最終日に思うこと

週明け月曜日は遠足だったのでそうでもないですが、今日って日はさすがにツライ一日ですな。遠足にて谷間も谷間、今週後半の三日間です。

そんな雰囲気の中でもまずまず学習も前向きに進められたので良しとせねばと。いろいろありますが、大半の子どもたちも頑張っているんだよねぇ…と同僚としみじみ話す夕刻でした。待望の四連休まであと二日。授業と5月活動の諸準備をがんばらねば。

夕刻からは今月の分掌部会にて、学習部のみなさんと諸提案検討。指導案のフォーマットも若干の修正を経てOKが出て一安心。提案授業は5月22日の木曜日に決まり。いよいよ明確な締め切りが切られたわけで。1学期の大きなマイルストーンということだろう。

5月の授業づくり、それに向けてのスモールステップで積み上げること、それを子どもたちと共有していくこと、きちんとやろうと思う。

授業自体は、2009年に追試した熊本の前田先生の「学級討論会をしよう」実践。それを今の自分なりにUp to dateな形にして実践にかける。

タスクその1は、同僚の若手にも十分実践可能なようにある程度「パッケージ化」して実践ノウハウを伝えて協働実践にできるか。

タスクその2は、「討論スキル」の分解・スモールステップ化が言語活動としてどのような意味を持つか、校内研究的な位置づけをきちんと提示できるか。

以上の2つが研究主任がする提案授業としての課題。できるかいなぁ…と弱気に絡め取られそう…

ぼちぼち、37名の6年担任学級の子たちと頑張ろうと思います。


2016年04月30日 土曜日 Edit 17:00現在霧雨 17℃

_ 家族のスマホ料金節約作戦 MVNOを試すのその後

なんとか家族3台分のiPhoneの移行が完了しました。MNPもなんやかやとメンドクサイですが、それ以上にメールアドレスなど、それぞれのスマホの設定の変更がメンドクサイ。

それでもなんとかあと少しで終わりです。今月は移行に伴う料金発生があるから多少高くつきそうですが、来月からは晴れてスマホ家族3人5000円体制ですね。ありがたや。

回線速度も休日の正午頃で、下り5~10Mbps、上り1Mbps~3Mbpsという感じ。十分以上でしょう。


2019年04月30日 火曜日 Edit

_ 平成最後の一日

とりたてて特別なことも何一つなく、平穏。

平成元年(1989年)は自分が大学を卒業して教員人生を始めた年で、初勤務校は金沢市立三和小学校。10月から半年間の図工専科の先生の育児休業代替の講師だった。週20コマの図工のみの日々は、今思うと担任の先生方に様々配慮不足のご迷惑ばかりかけていたことばかりで、思い返すたび忸怩たる思いだが、それゆえか子どもたちとは毎日楽しく図工を楽しんでいたと思える。

その後は石川県の教員採用試験に合格できず、洒落で受験した新潟県の採用試験に合格していたので、思い切って新潟の正規教員になる決心をして、妙高村(現・妙高市)の関山小に赴任して3年、その後妙高高原町(現・妙高市)の妙高南小に1年勤務した。

このまま新潟人になるのかと思っていたが、やはり石川が恋しい。管理職に事情を話して試験を受け、ありがたいことに合格。

晴れて石川に戻り、美川小に赴任したのが平成6年(1994年)、その年に結婚。

その2年後、石川に帰ってきたことを誰よりも喜んでくれた祖母が亡くなったのが平成8年(1996年)の師走。

長女が生まれたのがその2年後、平成10年(1998年)の奇しくも同じ師走だった。

その後の10年あまりは、この途切れ途切れの日記に断片的に記憶を記録してきた通りで、あっと言う間の20年が過ぎた。

その平成も終わろうとしていることに、特別な感慨があるわけではないのだけれど…、時の流れはこれからますます速くなるんだろうな。