日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2004年04月14日 水曜日 Edit

_

7時20分登庁,授業準備等。

TT算数を本格的にスタート。プロジェクタ提示を利用して小数の位取りについての学習を進めるが,練り不足で今ひとつストンと落ちない学習にしてしまった。理解度が悪いわけではないのだけれど,発問に迷いとブレ,その結果としての子どもたちの反応は当然イマイチ…。同時にそれは,事実を問う発問に対する反応は良くなってきているものの,まだまだ「考え・思い」を語るだけの意識と環境にはないという子どもたちのコンディションを示しているんだろうと思う。焦ってはいけないなあ。現状から出発しなくては,期待も失望も,その波は必要以上に大きくなってしまうに違いない。自戒自戒。

4時間目は今年度初めての空き時間,有り難い有り難い…。学級事務,今日までの授業の振り返りで沈思黙考しているうちにあっという間に45分は過ぎた。

午後,研究全体会。公開授業の倍増計画提案に対するいくつかの反応がある。理念に対する賛同と,現実的な人的時間的コストパフォーマンスに関する討議と。研究主任さんの提案に対して,援護射撃のために三回の発言。現実的には授業・授業案準備という意味では時間増はないし,指導案事前検討会は,提案性を強くしてもらって「検討会」から「コンセプトプレゼン」にすることで時間を大幅短縮,その分を授業整理会の3回増に回す…というコスト計算であることを説明。なんとか全体に了解してもらえて,今年の重要な案件が通過した。安堵。

17時過ぎから学級事務。学年の相棒の二人の疲労の色がかなり濃いので(自分も?)今日は打ち合わせを早めに切り上げる。18時半退出。

帰宅して,ストレス解消の衝動Webショッピングに走る。自転車につけるチョイ乗り用フロントバッグとアタッチメントで7000円強也。


2006年04月14日 金曜日 Edit

_

朝の交通安全立哨を終えてから登庁8時。額谷公園花見遠足小雨がぱらつく肌寒い朝だ。

午前4限授業は算数(かけ算導入)学級めあて作り(その2)国語,体育(整列順確定など)。午後からは延期になっていた額谷山への花見遠足。学級記念写真撮影。寒かったが,のびのび広い公園で遊び回った子どもたちは存分に楽しんでいた。

15時半に学校に戻り終礼。一週間を終えた子どもたちは嬉々として帰っていった。来週からは本格的授業スタートだ。

15時45分職員会,17時終了。その後19時過ぎまで学級事務,学年団の打ち合わせ。早く帰ろうと言いながらも山積みになった雑務をもう一つもう一つとこなしているとあっという間に時間が立つ。この時期,上からの調査や申請事務が立て込むのは,仕方のない面はあるのだろうが,もう少しなんとかならないかとも思う。これで残務データ持ち帰り禁止などと言われても実質が伴うわけなどないな…


2009年04月14日 火曜日 Edit

_ 無線LANプロジェクタって面白い

久々の"オウンリスク"での導入となったPanasonic製無線LAN対応プロジェクタTH-LB60NT。少し時間ができて,ようやく段ボール箱から引っ張り出して教室で使えるように設定した。

結論,これ面白い!

3200ルーメンも光量があって,明るい教室でも,スクリーンなしでもそれなりの画像が映るのにも感心した。何より無線で映像と音声が同時に送れるのが素晴らしい。高精細の動画だと少しコマ落ち気味になるのと,圧縮された音声が若干ざらつきを感じさせることが弱点といえば弱点ではあるけれど,メリットに比べれば取るに足らないことだ。

初めはAdhocモードでPCとプロジェクタは1対1に接続していたが,Infrastructureモードに切り替えるとネットワーク負荷が若干下がるらしく,動画品質は少し改善される。こちらで使うことにした。授業もいよいよ本格的に進み出しているので,手軽に使える環境を生かして使い込んでいこうと思う。

_ 資料本が届く

Amazonは対応が速いなあ。昨日のエントリで書いた「子どもと創る『国語の授業』」がもう届いた。これからざっと斜め読みしてみることにしよう。


2014年04月14日 月曜日 Edit

_ 早起き早寝・御身大事

今年の仕事のスタイルはできるだけ朝仕事タイプにしたいなぁと思ってます。というわけで、今日も早暁6時過ぎに家を出て6時半に登庁。授業準備やら分掌業務やらを済ませる。この時期の月曜日、身も心も昨年度末から年度初めの業務錯綜の疲れが出てくるので要注意です。

同学年チームの若手も疲れがたまってるようで、夕刻にはセキがひどくなって調子悪そう。彼も毎日早起きで頑張ってるので「今日は早く帰ろうよ」と声をかける。で二人して17時を前後して退庁。

一週間はこれから。早起き早寝の仕事スタイルの担任チームにしたいもんですな、以後も可能なかぎり。なんかあっても結局すべて自分に返ってくるんですから、御身大事であります。