日々是情報教育?日記

過去の日記
Access Today Yesterday

2004年02月11日 水曜日 Edit

_

読書,杏子の遊び相手,部屋の片づけなど。「引きこもり」でのんびり家族と過ごした一日。


2005年02月11日 金曜日 Edit

_ 冬の実践交流発表会

9時前に冬の実践交流会

中條邸前で中條さん中野さんと合流,津幡へ。9時半,条南小学校横のコミュニティセンター。富山の白江先生,此川先生,真栗先生のお顔が見えて驚きつつご挨拶。雪の降るこの時期にわざわざ他県の学習会に参加される意欲,自分が今年もっとも見習うべき姿勢。さすが富山のみなさんだと思う。泉さん@戸板小も合流,近況報告。

10時実践交流発表会スタート。飯田さん@条南小・金沢大内留中の司会で5本の5分プレゼン,15分プレゼン2本に村井先生@県教育センター,加藤先生@金沢大がコメント。

今回は西田さんプレゼン自分たちのサークル代表で西田さん@長田町小が登板,テーマは『どうして、誰に、伝えるの?仕掛けて楽しく スキルアップ』。2年生対象に国語できっちり「情報教育」の視点を入れつつ,「まねしてみようかな」と思わせる実践を連続的に織り込む西田学級の国語実践の流れが5分の中からきっちり伝わってきた。洗練されたプレゼンの構成といい,さすが。

この後も山下先生@大根布小の「構成力」実践や中條さん@東明小の「図書館情報教育融合カリキュラム」等,国語と情報教育の色の濃く出た交流学習会になった。いい会だった。終了後片づけ手伝い。一度ご挨拶したかった辻先生@大野小に名刺を頂く,感謝です。名刺を切らしていてごめんなさい。>辻先生 m(__)m

終了後,サークルメンバー(中條・中野・西田・泉・正來)でラーメンツアー「一世風靡」に移動。今日の反省会等々よもやま話のランチ。このメンバーで学びを続けていけることが自分にとってどれだけ大きなモチベーションになっていることか,改めて密かにしみじみ。解散後,中條・中野・正來でさらにお茶会@八日市・Cocos。17時頃まで夏の実践交流会の計画,来年度Uchiwaの方向性等々をDeepにディスカッション。18時前に帰宅。充実した一日だったなあ。

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]

_ mipo [煮卵美味しかったね。ありがとうございます。]

_ かずひん [辻です。名前を出していただき恐縮です。とにかく,全国いろんな方から「まさき先生」のお話をうかがっていたので,機会があ..]

_ にしこ [今日は最前列で応援してくださった上に、温かいコメントをありがとうございます。まさきさんの分析力は鋭いので、会の後お話..]

_ たけちゃん [ 中條・中野・正來さんの3人は 素晴らしい仲間ですね。 東京都が来年度 情報モラル推進校を各区市町村から 1校出すよ..]

_ masakage [mipo姫,いい会でしたね。ラーメンもお気に召したみたいでよかった!]

_ masakage [かずひんさん,こちらこそ実践ノウハウをいろいろ教えて頂きたいと思っております。今後ともよろしくお願いします。m(__..]

_ masakage [にしこさん,ようこそ。いつもながらの切れ味鋭い実践とプレゼン,すごいなあと感服です。マル秘情報交換も次の学習会でぜひ..]

_ masakage [たけちゃん先生,いつも有り難うございます。情報モラル推進校,タイムリーですね。またそちらにおじゃましたときに情報を教..]

_ サンプラザ [にしこさん。お疲れ様でした。いつもながらにきめの細かさを感じるプレゼンでした。低学年の話す・聞くの目標「大事なことを..]

_ masakage [サンプラザさん,同感!西田さんの取り組みは細やかでスジが通っているなあ。]


2018年02月11日 日曜日 Edit 20:00現在 2℃

_ 平成30年豪雪と呼ぶべきか… ついでに風邪でダウン

1月中旬の大雪は一週間持たずに消えてくれたが、今度の雪は違った。2月5日の月曜日の午後から振り始めた雪、北陸西部に異常な雪雲という予報を聞きながらも、まさかそんな…と油断していた。

その前の二日間の休みは風邪をひいてまったくのダウン。ようやく起き上がれるようになったのが日曜の夕方で、月曜日は「傷病兵扱い」を志願しての勤務だったのだけど…

火曜の朝5時前、起き出して窓の外を見て言葉を失う。豪雪再び…だった。

慌てて身支度して玄関を出たら、もうクルマは絶対に動かせないと思った。軽く40センチ以上の新雪。嫁さんと二人で雪かきするも、融雪装置のついた道までの100メートルはどう見ても無理だ。

いったん家に入り、公共交通期間の運行状況をウェブで調べてみた。北陸本線はこの時点で運休。最寄りに四十万駅がある北陸鉄道の石川線も止まっている。となると、残るは北陸鉄道のバスしかない。

大学の試験があるからどうしてもいかなくちゃ…という娘と相前後して家を出て南四十万のバス停に向かったのが6時過ぎ。しかしいくら待てどもバスは来ない。娘に電話すると、県道有松四十万線の四十万停留所に向かった娘は金沢駅行きのバスがようやく来たとのことだった。この時点で7時を過ぎている。

学校に電話を入れると松任在住の若手の一人が出てくれて、本日休校と知らせてくれる。この時点で出勤をあきらめた。その旨伝えて休暇を取る。

その後、香林坊まで出て大学行きのバスに乗り換えることができた娘も、結局全学休講の学務メールがようやくとどいて、連絡遅すぎると怒りつつ、午前中いっぱいを使ってまたバスで帰宅してきた。

午前中は雪かきしていたら終わってしまう。昼飯食べてたら頭痛がしだして、午後は再び寝込む。翌日の心配をしながら寝ていてもちっとも休まらないのだけど。

その夜遅くに家の前の道に除雪車が入って、なんとかクルマを出せる状態になった。黄色の回転灯の光と、くぐもったディーゼルエンジンの音を聴きながら就寝。

結局翌水曜日も休校。6時にクルマを出して8時すぎに登庁。雪かき・会議・雪かき。夕刻1時間の帰宅ドライブは幸運なほうだったのだろう。木曜日は通学バスが出せず。半数以下の出席児童となんとか授業を5限まで実施。集団下校の引率。会議。自宅がご近所の栄養士さんはまったくクルマを出せないとのことで、お送りしてから帰宅。

ここまで日中もほぼ氷点下の状態だったが、雪がゆるむだろう翌日の出勤が心配だ。幹線道は動いているが、自宅前の圧雪が溶け出すと再びクルマが出せなくなる可能性が高い。幹線道沿いのホテルに泊まって出勤難民を避けようと考えた。しかし、同じことをみな考えるらしく、松任駅周辺はすべて満室。金沢駅か小松駅近辺しか空室のあるホテルはない。結局あきらめた。雪は小康状態に入っていたので、明朝の幸運を祈って就寝。

結局金曜日は雪も降らず、青空の一日となった。有難いことに久しぶりの通常日課(6限のみカットの集団下校措置)で夕刻無事退勤。

三連休は、自宅の雪かき、食料確保の買い出し、そして休息。

来週も前半は大雪の予報…。

さほどのことにならねばよいのだけれど…祈るのみである。